小指のささくれ

日常の中で気づいた些細なことを書き綴る気まぐれブログ

ザ・コンサルタント (The Accountant)

★★★☆☆

自閉症の会計士が活躍する話。

思ったよりは地味だけどいい作品だった。若干要素が多すぎる感じもあったのでもう少しスマートだと尚良かったのでは。後半、過去の語りがちょっと長かったのももったいなかったかなー。 

 

きかんしゃトーマス 伝説の英雄 (Hero of the Rails)

★★★☆☆

動かなくなった機関車を助ける話。

思った以上にスペンサーが悪役扱いでひどい(笑)

ヒロがD51なのでおじさんはちょっと嬉しい。

 

劇場版きかんしゃトーマス 伝説の英雄 [DVD]

劇場版きかんしゃトーマス 伝説の英雄 [DVD]

 

 

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 (The Mummy)

★★★☆☆ 

 ミイラ取りがミイラになる話。

キング・オブ・エジプトと続けてみたので神の設定はわかりやすかったんだけど、その部分の説明が全部ナレーション頼りってのがちょっと・・。まぁそこちゃんとやるとそこだけで長くなっちゃうんだけど。

エジプトのミイラ呪いモノなのである程度ファンタジーなんだけど、時代も場所も現代に組み込んじゃうとイマイチしっくりこなくて、ファンタジーになりきれないしリアリティもないし入り込めない。

プロディジウムとかいう謎の組織が最後までわけわからんまま。特にリーダーのハイド氏の設定が説明無しで、何のことやら。さらにオチがひどくて、悪い意味で裏切られることのない終わり方でした。

 

キング・オブ・エジプト (Gods of Egypt)

★★★☆☆

エジプトの神々の争いに巻き込まれた人間が頑張る話。

どこをとっても今ひとつな印象。頑張ってはいるんだけど、CG粗いし殺陣もアクションの見せ方も迫力にかけるし、ストーリーもまぁわかりやすい流れとラストの逆転の理由が薄い感じ。

エジプトの神々の話に興味は湧いたけど。

キング・オブ・エジプト [Blu-ray]

キング・オブ・エジプト [Blu-ray]

 

 

女は二度決断する (Aus dem Nichts)

★★★☆☆

夫と息子を殺された妻が様々に葛藤する話。

好んで見るタイプの映画でないのはわかっていたんだけど、ダイアン・クルーガーが来日する舞台挨拶付ということで見に行ってきた。

会場右側後方から客席通路を通っての登場だったので、手慣れた人はそちらの通路側の席を陣取っていた模様で、サインをねだってる人が何人かいた。いいなぁw

舞台挨拶は通訳付の英語だったんだけど、自分含め会場の3割くらいは通訳待たずに笑ったり拍手したりしてて、楽しい感じだった。日本に来たことがない母親と一緒に来ていて、滞在延長して観光していくみたい。いいね〜。

In The Fade

In The Fade

 

 

東山奈央 1st LIVE “Rainbow” at 日本武道館

★★★☆☆

記念すべきファーストライブ@日本武道館

さすがの武道館、さすがの1stライブ。バンドはもちろん、舞台セット、照明、特効、何もかも整えられた最高のステージでした。自動昇降する階段やまさかの4分割するモニター、レーザーなんか何台あるんだか!!

アルバムは発売前日にAmazonからナイスフライングで到着、毎日聞き倒して100回聞いたところでストップ。今日まで楽しみに封印してきた。初見でお気に入りの「君の笑顔に恋してる」がラストまでひっぱられてもどかしかったけど、どの楽曲もキタコレ感が強くてワクワク楽しめた。キンブレなる物も初めて手にしたけど、結構気をとられちゃうねwどんな演出しようとしてるのか手元が気になっちゃってwwwそれにしても、ダンスもしっかり踊りながら最後まで息切れせずに歌いきるのは相変わらずの脱帽物。

曲順を考えるとどうしてもシンフォニーは最初にしたいし最後にしたいので、納得の曲順。しかしまさかアンコールでかのんちゃん連発来るとは予想していなかった・・!しかもラブコール→ハッピークレセントで、演出もアニメ通り!階段駆け上がった時はまじ震えた。

自分は東山奈央の“声”が好き。トーンはもちろん、発声というか滑舌というか、一語一語ではなく、一音一音に気持ちがこもっている、彼女の“声”が好き。脳天直撃。それ以外はどうでもいいくらいに好きなのだ(失礼)。そんな大好きな彼女のファーストライブ、万難を排して参加してきました。

否定するわけではないんだけれども、今回のライブはどうしても振り付けや演出的段取りが細かくあった。今時の「声優さん」の「ライブ」だし、「ファースト」だし、「武道館」なのだ。あって当たり前なんだけれども、残念ながら僕の期待していた、大好きな彼女の“声”を聞くことは難しかった。バラードセクションではよく伸びる部分もあったが、緊張なのか音響なのか(?)妙にピッチが上ずってることが多いし、振り付けに一生懸命だったせいか(?)歌詞に感情が乗った感じがCDよりは薄く感じられたのが残念だった。

MCは彼女らしさ爆発で、こんなこと言っちゃって大丈夫?なことまで喋ってたけど、どこまでBDに収録されるのかしら?と思った。そういえばかのんちゃんパートはちゃんと収録されるんでしょうね!? 

Rainbow

Rainbow

 

 

Terminator 2: Judgement Day

 ★★★★☆

長年の夢だった本を読了。

映画では描かれなかった部分はもちろん、映画だからこそ描かれていた部分もよくわかって楽しめた。ただし、3割くらいは単語がわからなかったので雰囲気読みw

知ってる作品ならわからない部分があってもわりと楽しめることがわかったので他の作品も読んでみようかしら

Terminator 2: Judgement Day

Terminator 2: Judgement Day