小指のささくれ

日常の中で気づいた些細なことを書き綴る気まぐれブログ

真珠腫性中耳炎で鼓室形成術の手術をしました

経緯

 子供の頃から慢性滲出性中耳炎で、ちょいちょい通院してたんだけど、大学入ってからは結構放置気味だった。痛くなったり耳だれが出たりした時だけ病院で処置してもらったり。

 マンション買って永住地(?)も決まったので、かかりつけ医つくっておこうと思いながら近所で探して通院開始した耳鼻科はちょっと古めだけど処置も設備もちゃんとしてていい感じの病院。昔良く通ってた病院と雰囲気がどこかしら似ていることもあって通いやすかった。

 昔だったらさっさと鼓膜切開して膿を出したりしたもんだが、鼻からの通気、ネブライザー、鼓膜マッサージばかりで根本的な治療がされないまま。ああやっぱりこのままプラスにもマイナスにもならないことを一生続けていくのか・・と思っていた矢先、風邪から始まって耳が痛くなる年1くらいで来るいつもの現象で耳だれ。「中耳炎は子供がなる病気なんだけどなぁ」「このまま通っても改善の見込みはないね」と言いたいことをかなりハッキリと、良い意味でも悪い意味でも言ってくれる医者だったので、「大きい病院で手術してもらった方がいいよ」「年寄りならこのままでもいいけど、まだ40なんだから」「1週間くらいの入院で済むから、鼓膜取って作り直してもらったら良くなるかも」

 子供の頃は「大きくなって、耳や鼻のつくりが大人になれば治る」と言われていたけど、全然状態変わらなくて半ば諦めていたのに、そんな手術があるなんて全然知らなかった。しかもそんな簡単に勧められるような手術が可能なの?

 紹介された大学病院での初診はいろんな検査を受けた。聴力検査は普段やらないような特殊な検査をしたり、耳管の検査やレントゲン、CTもとった。次回、中耳の専門外来で診てもらうことに。専門の先生はさすが専門だけあって治療も丁寧かつ正確。全然痛くないしすげー。診察の結果、「緊張部型真珠腫性中耳炎」ということだった。もともと手術を受ける気マンマンだったのでそのまま入院・手術のの日程を予約しつつ、手術前検査を受けることに。味覚検査、血液検査、肺活量検査、尿検査。次回外来で検査結果確認と入院日確定とのこと。

真珠腫性中耳炎(しんじゅしゅせいちゅうじえん, cholesteatoma)は、中耳炎を繰り返すうちに一部の上皮組織が球状に増殖して耳の周りの骨を破壊する病気のこと。*1

 こんな中耳炎があるとは知らなかった。しかも滲出性から進化するなんて聞いたことなかった。さらに悪化すると内部を侵食していくなんてすげー怖いんですけど・・・。耳の奥にある味覚神経や顔面神経の影響も気になる・・。でもまぁすぐに手術しろっていう雰囲気はなかったので緊急性のある病気ではないのかなと楽観視。

 検査の結果、「尿酸が少し高いですね」・・・初めて言われたわ。気をつけよう・・。それ以外は特に問題なく手術できるとのこと。手術は「鼓室形成術」。全身麻酔の後、現状奥に引っ込んでくっついてしまっている鼓膜を全部キレイに取り除く→耳小骨周りの骨が壊されている場合はそこから作り直す(残っている場合はそのまま)→筋膜を使用して鼓膜を再生成する、とのこと。それから鼓膜は縫えないので血液製剤を使用した糊でくっつけるとのこと。もろもろ説明を受けた後書類にサインしておしまい。CT取った初診で「骨は大丈夫そう」と言われていたので、それほど大変じゃないかなぁと勝手に思いながらも、手術以外の「初めて」がたくさんあってそっちに緊張。

 

入院と手術

 入院するにあたって様々な書類や準備が必要だった。健康保険や生命保険周りの書類準備はもちろん、着替えや履物など生活必要品も持ち合わせの無いものは買わなければならず、なかなか大変。一人で準備しようと思ったらかなり大変だったろうと思う。

 病棟について病室へ案内された後は、入院や麻酔に関する説明を受けてそれぞれ同意書にサイン、病棟を案内された後、耳の周りの髪の毛を処理。思ったほどツルツルにはされなかったし、本当に周りだけだったのでそれほど違和感無くてよかった。戻るとシャワーに案内されてシャワー。1畳ないくらいのシャワールームで狭かった。点滴をつけると一気に病人ぽく見えるようになったが至って元気だ。18時に夕食、21時消灯。21時以降は絶食、朝8時以降は絶飲になった。

 この日の手術3番目ということで昼過ぎ位になるのでは、とのこと。ただでさえ緊張するのに、待たされるとさらに緊張が・・・。朝7時に浣腸。できるだけ我慢してから排泄と言われたが全く我慢できず。13時ころにそろそろ準備をとのことで、手術着・丁字帯とストッキングに着替え。指輪を外したり。13:15出頭で手術室フロアへ。ここでも受付をして手術室前で最終確認。アレルギーの有無や手術の内容等確認していよいよ手術台へ。指示されるまま台に寝転がるといよいよ麻酔開始。「少し強い薬なので痛いかもしれません。深呼吸してくださいね」と言われビビりながら深呼吸を始めると、左腕に冷たい感触が。ゆっくり深呼吸を2回したところで意識が無くなった。ものすごく楽しい夢を見ていたと思ったら急に叩き起こされて手術室の騒がしい雰囲気が一気に脳に入ってきてかなりびっくり。そのびっくりとほぼ同時くらいに気管まで通してあった管を一気に引き抜かれて吐きそうになる。耳の痛みは無いが、寝転がって身動き取れないまま水平移動させられるのはものすごく気持ち悪かった。回復室でしばらく放置されている時は急激に起こされた感じの頭痛や、掛け布団(?)が暑くて汗かいたり、つけられた酸素マスクで息苦しかったりした。病室までの移動も気持ち悪かったが、痛みは全くない。ひたすらもう一眠りしたいのに上手に寝付けない気持ち悪さばかりだった。この時18時前で、3時間以上手術台にはいたらしい。寝返りうたずにじっと寝ていたせいか体が痛くて横向きになりたかったが、尿管に管が繋がれていて身動きが取りづらかった。3時間で酸素マスクが外されて少し横向きにはなれたものの、喉の違和感で咳をすると尿管の管に響くし、頭の右半分は全く感覚がないのでどんな格好で寝ればいいかうまく体勢が作れなくて困った。夜中に耳の痛みで目が覚め、痛み止めを点滴してもらったものの、ほとんど眠れなかった。

 翌朝、尿管から管を抜かれて痛い目に遭った後初回歩行。ずっと寝ていたせいなのか手術の影響なのか、平衡感覚が若干おかしくてゆっくりとしか歩けなかった。それでも心配していたほどのめまいや吐き気はなく、一安心。がっつりテーピングされててメガネがかけられなくて焦ったが、ガーゼを取り替えてもらった後は少しすっきりしたテーピングになってかけられるようにはなった。この日は朝から食事が出て嬉しかったが、3時間口を開けっ放しでいたせいか顎が痛くてうまく口が開かないし噛むのも一苦労。しかも舌の右半分は味覚が無くて美味しくない。それでも汗かきながら頑張って食事した。耳の痛みはそれほどでもないが、ずっと軽い痛みが続く感じで鬱陶しい。周期的に強くなるので処方されるカロナールを飲んでガマン。それでもスッキリと痛みが収まることは無くて辛かったが汗は流したかったので頑張ってシャワー。今日は広い入浴ルームが取れたので耳や点滴口をうまくカバーしながら胸から下だけだがスッキリできた。後は痛みとカロナールと食事を繰り返すだけの1日だったが、明日退院と聞かされ、本当にこんな状態で退院できるのかちょっと心配だった。夜の点滴が終わると全て取り外されて自由の身に。これがかなり身軽になっていかに負担だったかよくわかった。ただ痛みが残っていたので熟睡とまではいかなかったが、昨日よりは良く眠れた。

 退院日。痛みは残っているけどこれまでより少し楽な感じ。ガーゼを取り替えてもらうと、もう滲み出しがないのでガーゼはいらないとのこと。テープ跡が結構いやな感じでベタついてたのでしなくていいのは楽だ。朝食も昨日に比べて口が開けられるようになったので少し頑張ってよく噛むようにしてみたが、まだ完全ではなくて辛い。味も少しはわかるようになったようだが病院食のせいかハッキリはしない。着替えたり片付けたりしていたら、座っている方が寝ているより痛みが少なく感じた。退院後の薬は抗生剤と痛み止めを処方されて会計を渡された。入院・手術もろもろで75000点。思っていたより安かった。

 

術後

 2週間後に外来予約。それまでは耳の中に水が入らないようにすれば頭も洗えるし普通に生活できる。とはいえ直接耳が見えないのでおっかなびっくり洗うもんだから上手く洗えてない気がする。耳の裏側の切開した部分はこすってはいけないので血まみれでグロいまま。もとの生活に戻れる日が待ち遠しいです。

 術後2週:耳裏の縫い目に貼ってあったテープはがし、耳の中に詰まっていたものを取り出して、中を洗浄。文字通りお湯ジャーって流し込んで洗った。次は1週間後にまた洗うらしい。

 術後3週:今回も洗って終わり。「だいぶ乾いてきた」ってことで術後は良好。次は2週後。

 術後5週:術後初めての聴力検査。実感はあまりないけど低音が聞こえるようになったとのこと。耳抜きをしてくれと言われて気がついたけど、右耳は抜けたことないんだよ・・・。そこで買わされたのが「オトヴェント」。こんなのあったの知らなかったわ・・。ていうか耳抜きするのが中耳炎にいいなんて知らなかったんだけど・・・。うまく抜けてるかよくわからないけど毎日少しずつ。次は1ヶ月後。

 術後9週:2度目の聴力検査。なんと正常な聴力に戻ったとのこと・・・!良くなることを期待して手術を受けたとはいえ、まさか完全に正常な聴力になるとまでは思ってなかったのでかなりうれしかった・・・!味覚がまだ少しおかしいと伝えたら「必ず元に戻る」と断言されました。まぁ言ってもまだ術後2ヶ月だしなぁ(?)気長に戻るのを待つとしましょう。次は3ヶ月後。

雑感

 耳の手術自体は何の心配もしてなかったが、それ以外の全てが初体験で緊張した。入院・点滴・全身麻酔尿道カテーテルなどなど。大学病院だって初めてだったので色々びびった。受付や会計のシステム、各検査室が専門で配置されててそれぞれ受付があるとか、検査の方法も普段受けてる健康診断なんか比べ物にならない(当たり前だが)。採血室なんか、受付すると整理番号が発行されて、銀行みたいにずらっと並んだ窓口で番号呼ばれて血を取られるシステマチックさ。

 病室に持ち込めばよかったと後になって思ったのが、鏡と時計。ちょっと不便だった・・。あと、術後にメガネがうまくかけられないのと、襟ぐりの狭い服が着られないのも盲点だった・・。ちょっと考えれば気づきそうなものなのに・・。

 自分の場合は耳小骨が自前で残った手術だったので聴力が正常に戻って大変良い結果になった。

ポンペイ (Pompeii)

★★★☆☆

噴火で埋もれる街の話。

ちょうどTVでポンペイ特集を見たあとだったので、政治・恋愛・奴隷あたりで味付けした感じはよく見てとれた。それ以上でも以下でもなく、可もなく不可もなく、かな

 

ポンペイ [Blu-ray]

ポンペイ [Blu-ray]

 

 

2017冬新番

■(゚∀゚)

幼女戦記

 

■(^v^)

青の祓魔師 京都不浄王編
亜人ちゃんは語りたい
昭和元禄落語心中助六再び篇~
風夏
リトルウィッチアカデミア TVアニメシリーズ
政宗くんのリベンジ
アイドル事変
ACCA13区監察課

 

■ ( ´_ゝ`)

超・少年探偵団NEO
スクールガールストライカーズ Animation Channel
スピリットパクト
うらら迷路帖
セイレン
にゃんこデイズ
AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-
ガヴリールドロップアウト
小林さんちのメイドラゴン
クズの本懐
霊剣山 叡智への資格
ちるらん にぶんの壱
チェインクロニクル ~ヘクセイタスの閃~
けものフレンズ
エルドライブ
ピアシェ~私のイタリアン~
One Room
ハンドシェイカー
MARGINAL#4 KISSから創造るBig Bang
鬼平
CHAOS;CHILD
がん がん がんこちゃん
BanG Dream!

 

■これから
弱虫ペダル NEW GENERATION
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス 第2期
この素晴らしい世界に祝福を!2
SUPER LOVERS 2
Rewrite 2nd シーズン Moon編/Terra編
グランブルーファンタジー
龍の歯医者
キラキラ☆プリキュア アラモード

2017年とは

毎年年末に総括してたと思ったのに、年始に抱負と一緒に書いていたとは思わんかったw

 

とことで、今年の抱負は「正」で行こうかと思ってます。主に体力・体調的な面で。ずっと患っている中耳炎を本格的に治すとか、そろそろやばそうな肝臓を労って定期的な運動しなくちゃとか食生活見直していかないと、とか。

個人的予算としては去年は給料4ヶ月分の黒字で嬉しい誤算。今年は基本線をキープしつつ細かく微調整した新予算で行く計算で、昨対150%目標。個人的大きな買い物は済ませたけど、家庭的大物がありそうなので短期的にはマイナスになっちゃうかもなぁ・・・

2016年

今年は息子が産まれて生活が一変。
旅行らしい旅行はとんとなかったし
劇場へ足を運ぶ回数もめっきり減った。
アニメやゲームに費やす時間も・・・

 

■映画 22本

キングスマン (Kingsman: The Secret Service) - 小指のささくれ

エンド・オブ・キングダム (London Has Fallen) - 小指のささくれ

インデペンデンス・デイ: リサージェンス (Independence Day: Resurgence) - 小指のささくれ

キングスマンの真面目に不真面目な感じが一歩リード


■アニメ
僕だけがいない街
響け!ユーフォニアム2
亜人
昭和元禄落語心中
甲鉄城のカバネリ

僕街の前半は最高におもしろかったなぁ。

 

■ゲーム

逆転裁判

亜人

★★★☆☆

2クール目。まぁわかりやすくオチたといえばオチたけども、最後の詰めはもうちょっと綿密な雰囲気にして欲しかったかなー。意外に両者とも適当な感じだった。

続く的な終わりかただったけど実写版でプラスαとかかねぇ。だいぶ飽きてきた感はある。同種が出てくるか新種のIBMが出るかして展開かな?劇場3部作はまとめて見たらちょっとは楽しめるのかな?と思いながらたぶん手は出さない。 

 

ヘイトフル・エイト (The Hateful Eight)

★★★☆☆

とある店で起こる賞金首をめぐる殺し合い西部劇withタランティーノ

予告からはもうちょいひねった話の匂いがしてたんだけど、思ったよりストレートな話で、単なるタランティーノ西部劇だったかな。スリラーとかサスペンス期待して見た人は騙されたのではないかw

wikiに書いてあったけど、借りたビンテージギターをマジでぶっ壊しちゃったって話はワラタwww事件でしょフツーww