小指のささくれ

日常の中で気づいた些細なことを書き綴る気まぐれブログ

コクリコ坂から

★★★☆☆
思ったよりいい話だった。
ストーリー知ってて見ると・・どうなんだろう?
特にいいシーンとかはなくて、全体的に良い話って感じ。
1963年が舞台だったので、両親世代だとどストライクなのかもなー。
海ちゃんお嫁さんに欲しいわ。


以下ネタバレ
昭和38年ってことで分かる人にはわかる描写が多い。
当時の香りを知らない世代は終わった後よくわかんねって言ってたw
思ったより淡々と話が進んだのでもうちょいじっくりやれば
がっつり感情移入できたかなーとも思った。
海ちゃんがすごい大股で登下校してたけど意味あったんかな。
最初は妹が惚れてたのにいつの間にかすりかわってた。妹はいいのか?
父問題に気づいてからしばらくが中だるみしてたかな・・
もうちょいテンポ早くても良かったかねぇ・・
オート三輪のナンバーが5963でした。