読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小指のささくれ

日常の中で気づいた些細なことを書き綴る気まぐれブログ

インターステラー (Interstellar)

映画

★★★☆☆

滅び行く地球と人類を救うために宇宙を探査するお話。

家族愛を売りにした予告だったので、もっとドラマチカルかと思ったら

案外そうでもなくて、物理学交渉とか宇宙空間描写が売りだったみたい。

ブラックホールワームホールの描き方がちゃんとしてるらしいけど、

ストーリー上はそれほど重要ではなくて、よくある感じ。

話が近未来とはいえわりと身近な設定なので、ノーラン節が結構鼻についた。

ノーラン節はちょっとファンタジックな作品じゃないと生きてこない気がする。

 

予告では宇宙に出るまでばっかりしか見せてなかったので、

その後の家族愛をどういう風に描いてオチをつけるのかに興味があったんだけど

イマイチだったなぁ・・。

重力差で時間の流れガーなんてのはまさにトップをねらえ!であって、

そっちの方が全然感動的だわww

あと、全体的に主観な見せ方が多くて見づらかったかなー。

宇宙船の上につけたカメラ映像ばっかりで、全貌がよくわかんないし。

最初のシーンなんか、3人乗りかと思ったら4人いて、あれ?ってなったw 

 

ロボットの形状が結構好きだった。電源ソースが何なのか気になるw

 

 

トップをねらえ! Blu-ray Box

トップをねらえ! Blu-ray Box

 

 

 

以下ネタバレ

次元を超えたところで愛とか直感が!っていうなんか都合のいい話だったw

進化した人類が自分たちを助けてくれてる!ってのも都合良すぎだし・・。

5次元って言われてもなぁ・・。正直よくわかんないよ。

あの空間に結構いたと思うんだけど、酸素よく持ったよなぁ。

それより宇宙服が丈夫すぎか。ワームホール戻ってきてるしw

ラストは全然感動的でもなんでもなかった。

むしろ途中のマン博士をカプセルから起こしたところの方がぐっと来た。

 

ブランド教授としては、あとはお前ら宇宙でよろしくやれよ!って事だったんかな?

何を隠していて、どうしてこうなった?ってのがよくわからんかった。