小指のささくれ

日常の中で気づいた些細なことを書き綴る気まぐれブログ

東山奈央 1st LIVE “Rainbow” at 日本武道館

★★★☆☆

記念すべきファーストライブ@日本武道館

さすがの武道館、さすがの1stライブ。バンドはもちろん、舞台セット、照明、特効、何もかも整えられた最高のステージでした。自動昇降する階段やまさかの4分割するモニター、レーザーなんか何台あるんだか!!

アルバムは発売前日にAmazonからナイスフライングで到着、毎日聞き倒して100回聞いたところでストップ。今日まで楽しみに封印してきた。初見でお気に入りの「君の笑顔に恋してる」がラストまでひっぱられてもどかしかったけど、どの楽曲もキタコレ感が強くてワクワク楽しめた。キンブレなる物も初めて手にしたけど、結構気をとられちゃうねwどんな演出しようとしてるのか手元が気になっちゃってwwwそれにしても、ダンスもしっかり踊りながら最後まで息切れせずに歌いきるのは相変わらずの脱帽物。

曲順を考えるとどうしてもシンフォニーは最初にしたいし最後にしたいので、納得の曲順。しかしまさかアンコールでかのんちゃん連発来るとは予想していなかった・・!しかもラブコール→ハッピークレセントで、演出もアニメ通り!階段駆け上がった時はまじ震えた。

自分は東山奈央の“声”が好き。トーンはもちろん、発声というか滑舌というか、一語一語ではなく、一音一音に気持ちがこもっている、彼女の“声”が好き。脳天直撃。それ以外はどうでもいいくらいに好きなのだ(失礼)。そんな大好きな彼女のファーストライブ、万難を排して参加してきました。

否定するわけではないんだけれども、今回のライブはどうしても振り付けや演出的段取りが細かくあった。今時の「声優さん」の「ライブ」だし、「ファースト」だし、「武道館」なのだ。あって当たり前なんだけれども、残念ながら僕の期待していた、大好きな彼女の“声”を聞くことは難しかった。バラードセクションではよく伸びる部分もあったが、緊張なのか音響なのか(?)妙にピッチが上ずってることが多いし、振り付けに一生懸命だったせいか(?)歌詞に感情が乗った感じがCDよりは薄く感じられたのが残念だった。

MCは彼女らしさ爆発で、こんなこと言っちゃって大丈夫?なことまで喋ってたけど、どこまでBDに収録されるのかしら?と思った。そういえばかのんちゃんパートはちゃんと収録されるんでしょうね!? 

Rainbow

Rainbow